The Phonological Society of Japan

トップページ・新着情報

『音韻研究』24号送付延期と音韻論フォーラム2021のオンライン開催について

『音韻研究』第24号が発行されました。
昨年度の会費を今年の3月末日までに納付された方には、ニューズレター第25巻第1号とともに1部お送りする予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大にともなう緊急事態宣言発出中につき、当面、送付を延期いたします。
『音韻研究』第24号の送付は、緊急事態宣言解除後の6月以降を予定しておりますので、しば らくお待ちください。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

音韻論フォーラム2021が以下の要領で開催されます。韓国を含む海外からの招待講演ならびに学位取得者講演と一般研究発表で構成されています。前年行われたシンポジウムに引き続き、コロナ状況下での研究・教育活動に関するシンポジウムを行う予定です(言語系学会連合との共催)。

日時:2021年8月23日(月)~ 25日(水)
会場:オンライン開催

研究発表を募集いたします。応募要領の詳細は、ニューズレター第25巻第1号 (通巻第72号) をご確認ください。
プログラム等の詳細は、ニューズレター次号でお知らせします。

2021年度春期研究発表会プログラム公開

2021年度春期研究発表会のプログラムが公開されました。

日時:2021年6月19日(土)
会場:Zoomによるオンライン開催
プログラム:Program (pdf)

多数のご参加をお待ちしております。

ニューズレター第25巻第1号が発刊されました

音韻論学会のニューズレター第25巻第1号 (通巻第72号) が発刊されました。
詳細はこちらをご覧ください。

2021年度春期研究発表会について(2021年3月6日更新)

2021年度春期研究発表会を以下の要領にて開催いたします。

期日:2021年6月25日(金)2021年6月19日(土)
会場:東京都立大学・南大沢キャンパス(東京都八王子市南大沢1-1)オンライン開催

開催期日と会場が変更となりました。ご注意ください。
研究発表に続けて会員総会も開催いたします。参加方法の詳細については後日、ニューズレター、学会ウェブページ等で告知いたします。

研究発表会での研究発表を募集します(応募締切:2021年3月31日)。応募要領の詳細は、ニューズレター第24巻第3号をご覧ください。

ニューズレター第24巻第3号が発刊されました

音韻論学会のニューズレター第24巻第3号 (通巻第71号) が発刊されました。
詳細はこちらをご覧ください。
 

第16回音韻論フェスタ(Phonology Festa 16 (2021))プログラム公開

第16回音韻論フェスタは、2021年3月8日~9日にオンラインで開催予定です。

日時:2021年3月8日(月)~3月9日(火)
会場:Zoomによるオンライン開催
プログラム:Program (pdf)

多数のご参加お待ちしております。

音韻論フォーラム2020オンライン開催のお知らせ(最新)

音韻論フォーラム2020は、新型コロナウィルス感染症流行の情勢を鑑み、下記のとおりオンライン開催といたします。

日時:2020年8月28日(金)13:00~8月30日(日)16:25
会場:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料
プログラム:Program (pdf)

基調講演

会員の皆様は、メーリングリストもしくは郵送にてお送りしたURLよりご参加ください。

非会員で参加をご希望の方は、以下のリンクより参加登録をお願いいたします。

参加登録フォーム [受付終了]

ニューズレター最新号

ニューズレター第24巻第2号(通巻70号)が発刊されました。

音韻論フォーラム2020オンライン開催のお知らせ(会場・日程変更)

音韻論フォーラムは、新型コロナウィルス感染症流行の情勢を鑑み、下記のとおりオンライン開催といたします。

日時:2020年8月28日(金)~8月30日(日)
会場:オンライン開催

ニューズレター69号でご案内しておりました会場・日程から変更をしております。ご注意ください。
なお、発表応募の締め切りは変更なく「6月30日(火)」といたします。

『音韻研究』23号送付延期について

例年ニューズレター1号とともに会員の皆様にお送りしております学会誌『音韻研究』について、新型コロナウイルス感染症の影響により、最新号の送付を当面のあいだ延期いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。なお、各号の目次については学会ウェブページ「『音韻研究』バックナンバー」からご覧になれます。

2020年度春期研究発表会オンライン開催のお知らせ

日本音韻論学会2020年度春期研究発表会は、新型コロナウイルス感染症対策のためZoomを使ったオンライン開催といたします。開催日時に変更はなく、6月19日(金)13:00開始予定です。発表終了後には会員総会が行われます。

会員の皆様には、開催の10日前(6月の上旬)までには、参加方法の詳細をEメールもしくは郵送にてお伝えいたします。

非会員の方で参加をご希望の方は、事前に春期研究発表会担当理事の本間猛まで、Eメールにてお申し込みください。
本間猛 takeru.honma+phsj★gmail.com (★をアットマークに置き換えて下さい。)

2020年度春期研究発表会の開催について

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、日本音韻論学会では6月19日(金)に成蹊大学にて予定されている2020年度春期研究発表会を、予定通り開催するか、現在検討を進めております。4月下旬までに方針を決定し、学会のウェブサイト、メーリングリスト等で会員の皆様にご通知いたします。

2020年度春期研究発表会の会場について

春期研究発表会の会場が変更になりましたのでお知らせいたします:

日時:2020年6月19日(金)13:00開始(日本言語学会第160回大会の前日)
会場:成蹊大学 8号館 601教室
  (東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1)

第15回音韻論フェスタ 中止のお知らせ

新型コロナウィルスによる感染拡大を受けて、3月15日(日)・16日(月)に同志社大学の今出川キャンパスにて開催予定であった第15回音韻論フェスタは中止することとなりました。
第15回音韻論フェスタ:中止のお知らせ(※2020年2月27日更新)
これに伴い、音韻論フェスタ翌日の3月17日(火)に予定していたワークショップ(本フェスタ招待講演者のShanti Ulfsbjorninn氏(University of Deusto)と吉田優子氏(同志社大学)によるワークショップも中止になりました。

第15回音韻論フェスタ(Phonology Festa 15 (2020))プログラム公開

第15回音韻論フェスタは、2020年3月15-16日に同志社大学(今出川キャンパス)で開催予定です。
くわしくは大会プログラム(※最新版 2020年2月7日更新)をご覧下さい。
多数のご参加お待ちしております。

『音韻研究』 執筆要領とテンプレートファイル

学会誌『音韻研究』の執筆要領とテンプレートの最新版(2019年度版)を掲載しました。







日本音韻論学会について