2017年6月30日更新

学会誌『音韻研究』

学会誌『音韻研究』について

日本音韻論学会は、学会誌として『音韻研究』を年1度発刊しています。 音韻・音声に関わるオリジナルの論文で、本学会の会員であれば、どなたでも投稿が可能です。

バックナンバーは、 開拓社の web site から購入が可能です。


 

規定集


 

投稿論文の機関リポジトリ等への掲載について

『音韻研究』に掲載された自分の論文について、 所属大学の機関リポジトリや個人の web site などインターネット上で公開する場合は、 公刊から2年を経て、出典を明記した上で、行なうものとします。 公開できるのは、最終原稿をPDF化したものや学会誌をスキャンした画像のいずれでも構わず、 許諾手続きも必要ありません。